文字の読めない墓を放置すると・・

Pocket






貴方の家の墓は、木の角材ニカ??

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     ウリの家の墓は、中心となる墓は、

          石材なんだけど、曾祖母の墓は

               土葬で、木の角材の墓標なんだけど・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



               田舎では、未だに、木の

                   木材の墓標が結構あるはず・・・

                           ∧_,,∧ ウリの家だけではないはず・・    
                        <`Д´ ;=;`Д´> ドキドキドキドキ   
                          ( つ つ       
                           し―ー-J











で、こんな木の墓標の墓って言うのは、

   当然、木で出来ているので、木が朽ちてくる

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         ので、大体、3年ほどで交換するのが基本・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



        あるいは、墓は石材で作るのが基本なので、石材で

             墓を作るまでの仮の墓という扱いがされることが多い

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




っていうのが、墓相の世界での常識的な

    墓の扱いのようなんだけど、現実的には・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     木の角材の墓は、朽ちるまで放置して、

          朽ちて倒れると、土葬の中の骨が自然に

                帰った頃合いだと判断されることが多い

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



              つまり、木の木材の墓って言うのは、

                      朽ちるまで放置するのが基本・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J











っていうか、皆、金がない!

  だから、2~3年で墓標の交換なんてやって

         られないので、屁理屈をこねて交換しない・・

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  / 墓標が朽ちても    i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶      遺骨は残っているもんねノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




で、ウリの家の木の墓標は、

   家の中心とする墓ではないとはいえ・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     今年、ウリの家は北東方位をリフォーム

          するんだけど、その墓標の傾きも北東

                方位だから改善しようと父に言ったら・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J











    これはこのままでいいんじゃぁ~~~

       /,_ ヽ,,..   / ,丶       
      /::::….. ´ ̄ ̄  \     
    /:::::::…         ヽ  
 ,. ‐’”´__(゜\_____/゜)_`’‐、  
   ̄`/::::!||! \ \ ‘iii’ / /!|| ヽ ̄ 
    |::::::::ノ( ┏━(、。。,)ヽ┓” u |. ゚。      ∧         ∧
    ヽ::::::⌒┃,.{y~ω’~Y ┃v / 
  。゚   >.u  ┃| |⌒ヽ⌒||. ┃/       /   `、     /    ヽ
    ./  ,. | |:::::|:::::|| <      /       ̄ ̄ ̄     ヽ
    {   ⌒ヽ_/ );:!;:;r!||   丶    /   U           :::::::ヽ
    ヽ,   /、 〈 ニニニ>.       |                 ::::::::::::l   
     {.  ハ ヽ Y`.             |  u             :::::::::::::::|   
      ヽ{ ヽ_ゾノ            ヽ           




ウリの家の北東方位は、張り出しているので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      ウリの父は、壊れていようが、危険で

           あろうが、決して、物事を変化させない・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                数年にわたる、リフォームも

                      凄く強引に行ってきた・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J











      で、当主の父が墓標の角材を変えないので

           あれば、と傾きだけの改善になったんだけど

                                 r、  
                                  | :.\
                       ____   ノ ;;:: キ
                      \、 ..::-`”゛ _  iヘ     
                         Y ,     ≡≡ ヾ\  
                        /^f:≡≡ f⌒ヽ    > }   
                        |: /:..  .)   |  ノ /
                         ゝ:ヽ..  ⌒” ..,イ、イ    
                          \;”ヽ::… ∠ ヽ \     
                         γ⌒:|:: .}”    ⌒\ \
                         |  ;/ /    ,ィヘ. \  ヽ  
                        | / /    ノ   \___ノ
                        | “ /    /         
                         ゝ__ノ   /



で、木の角材の墓標で文字が読めない墓を

    放置すると、どのようになるかなんだけど

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     基本的に、文字が読めないって事からも、その

         人には、名前がないという現象が起こってくるので

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



            家も寝床も職も持たない風来坊の

                ような人生になりやすいと言われている

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J











     または、名前がないことからも、誰からも

           脚光を浴びない人となるとも言われている

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /                 i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \



実際・・・・ウリの人生を振り返ると・・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



           何も言えないニダァ~~~

               ∧_,,∧
             Σ<  # T Д T> ニダニダ 
              (三  l,)
              し――-J



                  何も言えないって、そんなの通りませんよ!

                            ∧  ∧
                          (¬ω¬`;|!)
                           ⊂と:::::::ヽ
                          __(.__) -J



                   おまえは、佐川氏を追い詰める共●党かぁ~~

                               =三 ∧,,_∧ !
                              =三 < #`Д´>☆
                              =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                =三(つ_ _ 二つ)) ´Д`)
                                         ノ ⊃ ⊃
                                       ガッ ⊂   ノ
                                            ̄し´











ちなみに、家事で角材が燃えて、文字が

      読めない物を放置していると、火事に

         遭う可能性が高まると言われていたりする

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   それより何より、文字が読めない墓って言うのは

        先祖の供養になっていないと言われ、先祖の供養は、

            墓石などに刻まれた文字によって行われると言われている

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



            事からも、金があるなら、墓標は、

                  文字が読めなくなる前に交換すべき!!

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ちなみに、ウリの母の母は、家の墓軒の墓標が朽ちて

     きたときに、自ら引き抜き横に置いておいたと言う

           先祖を恐れぬ所業をやって抜けたそうなんだけど

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   そんな先祖を馬鹿にした行為を行ったからなのか、

        老人ホームに入れられた祖母が、ただ死ぬのを待つ

             だけという安置所に入れられたのを知っているのに

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



               その家庭は、ディズニーシーに

                      遊びに行く予定を組んでいた・・・
                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J











そもそも、祖母の娘も家に常にいるのに、面倒を

   見るのが面倒だからと強制的に老人ホームに。。

 ∧_,,∧
Σ<三   > ウリの母の姉ね・・
(三   l,)     
し――-J 



     墓を馬鹿にする、粗末にすると、

        それを子供はきっちりと見ているので、

             子供は、両親を必ず馬鹿にする子供に育つ!!

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



            墓は決して粗末にするべきではないニダよ!!

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J











         墓石を家の基礎に用いるなんてもっての外ニダ!!

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /  ・・・・・・・・・  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \



                            おまえの国のことだろ!!

                               =三 ∧,,_∧ !
                              =三 ( # ´Д`.)☆
                              =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                =三(つ_ _ 二つ)) ;:)∀´>
                                         ノ ⊃ ⊃
                                       ガッ ⊂   ノ
                                            ̄し´





あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です