地相の吉凶??

Pocket






このブログを始めて、まぁ~様々な事を

    お伝えしているけど、一つのテーマをピック

          アップする形式ばかりでお伝えしているので

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      今回は羅列的にお伝えしようと思う・・・

           その方が、多くのことが一度に伝わるし・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                   って事で、地相の吉凶なんだけど・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・




神社仏閣の後ろ、墓地の後ろは祟るので凶相・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       入り口が互いに向き合う知も凶相で、

            貴人(神社)の門戸と向き合うのも凶相・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                  往来の突き当たり、ドン突きは凶相・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













真四角の土地は、神社仏閣には吉なれど、庶民には凶相・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      ただし、四角にても、本宅、及び

           借家に割いて建築すれば、障り無し・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



               そして、地面四角ならずとも、本宅を四角にするのは凶相・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













      まぁ~真四角って言うのは、人が

                住むには適さないって事・・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧       ∧_,,∧
     アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >     <;  三 >
             U  三)  (|   三)     (,l  三)
        ..,,,. …,,..し―-J..,,,,し―-J..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━      ━━        ━━





・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




辰の領に小屋を建て借家とするのは、

     辰欠けの地となるので凶相となる

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      巳の方位、欠け込みて、備ふるは、財産が

             衰え、公訴絶えず、不定の女を生ず・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                全て地面は、辰巳の方へ張りで

                      たるを幸福の備えと心得るべし・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・




宅地未の方へ斜めに欠けたるは、住人、無病平安の理なり、

    ただし、深く駆け込みたるは、又、帰って凶相なり、(隅切りなど)

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        宅地、未の方へ強く張り出でたるは、病気を生ず・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                  宅地、申の方、張りいでたるは、

                         住人虚弱にして、身上衰える・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













戌の方に入り込みたる塀囲は

   戌欠けにて、財力乏しく貧相なり・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      亥の方、鍼医で樽は、戌張りに次いで

            幸福なり、北に川があれば、最吉とす

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                 同方、欠込みたるは、福分薄く、不忠不義の奴僕を生じる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













宅地、丑の方強く張出るは、疾病にて、衣食欠乏す・・

            同地、駆け込みは決して吉ならず・・・・
 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    宅地の東、張出たるは、至って吉相なりて繁盛する・・・

                   同方駆け込みたるは永住できず・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



            宅地の南、張出たるは、吉職業、繁栄す

                   同方駆け込みたるは、家内離散すべし・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




宅地、西張出たるは、福禄成就する

   同方、欠け込みたるは、色欲不義の災い発すべし・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         宅地、北方張出たるは、福禄足る大吉なり
               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                    同方駆け込みたるは、災害続いて至る・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




って感じになるんだけど、これは

     地相という視点でお伝えしているが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         現実的に見ても、家相の理論や理屈で見たときにでも、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                   地相の凶相と家相の凶相が

                       もたらす点はほぼ合致するので・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













          そのまま、家相としてみても問題は無い・・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧       ∧_,,∧
     アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >     <;  三 >
             U  三)  (|   三)     (,l  三)
        ..,,,. …,,..し―-J..,,,,し―-J..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━      ━━        ━━

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です