竹藪の管理の仕方??

Pocket






竹藪の管理の仕方??

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      って事なんだけど、ウリの家の

           北東方位には竹藪があるんだけど

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



        もし貴方が竹藪を完全に根絶したいと思って

               おられるのであれば、薬を使えば簡単に

                    全て、枯れさせることもできるんだけど

                           ∧_,,∧     
                          <; `Д´>  聞いた話・・・  
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













                  全部、枯れたら食費に困る!!

                    って、ウリと同じ思いなのであれば・・・

          
                                  | :.\
                       ____   ノ ;;:: キ
                      \、 ..::-`”゛ _  iヘ     
                         Y ,     ≦゚≧ ヾ\  
                        /^f:≦゚≧f⌒ヽ    > }   
                        |: /:..  .)   |  ノ /
                         ゝ:ヽ..  ⌒” ..,イ、イ    
                          \;”ヽ::… ∠ ヽ \     
                         γ⌒:|:: .}”    ⌒\ \
                         |  ;/ /    ,ィヘ. \  ヽ  
                        | / /    ノ   \___ノ
                        | “ /    /         
                         ゝ__ノ   /



                            どんだけ貧乏なんだよ!!

                               =三 ∧,,_∧ !
                              =三 ( # ´Д`.)☆
                              =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                =三(つ_ _ 二つ)) ;:)∀´>
                                         ノ ⊃ ⊃
                                       ガッ ⊂   ノ
                                            ̄し´













そんな時に簡単でお勧めな竹藪の

      管理の仕方をお伝えしようと思う!!

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      まぁ~一番オーソドックスなのは、

          これ以上、竹藪を広げたくないと思う

                辺りで、環濠集落のような堀を掘っていく・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



        すると、竹って言うのは地面の一定の

               深さの所でしか広がらないので、

                   竹の根は、地面をはえなくなるので

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













         それ以上、竹の根が広がることは無い!!

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /                 i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \




これに関しては、ウリの亡くなった

    爺ちゃんがやっていたことだからウリは

          やったことが無いけど、これはしんどい・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       ので、時間はかかるけど

           できる限り簡単に竹藪を

                 管理しようと思うのであれば

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



               竹藪の周囲から中に向かって、

                    地面に太陽光を差し込ませていく・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













太陽光を差し込ませる方法としては、

      竹を適度に切ったり、竹藪の中の

              腐葉土を竹藪外に掃き出したり・・・
 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         これを時間があるときにでも適度にやっていく・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



         すると、竹の根って言うのは、太陽の光に凄く

               弱いので、太陽の光が当たったところから枯れていく・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













根が腐り出すと、力強く立っていた

     竹も、足下の支えが無くなっていく

            ので、非常に倒れやすくなる・・・
 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



            そしたら、それも伐採して・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



         って感じのことをウリは5年ほどかけてしていたら、

               竹の根も浅くなったのか、タケノコも掘りやすいし・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













   早朝なら、タケノコが生える場所の

          地面が濡れているので、どこに

               タケノコが生えるのかもわかる・・・

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /   タケノコの見つけ方はどうでも良いから・・  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \




                          戦争が始まったときの大事な食料ニダァ~

                                   =三 ∧,,_∧ !
                                  =三 < #`Д´>☆
                                  =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧

                                     祖国に帰れよ!!

                                    =三(つ_ _ 二つ)) ´Д`)
                                             ノ ⊃ ⊃
                                           ガッ ⊂   ノ
                                                ̄し´



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





ちなみにタケノコを伐採するのこぎりは、専用の

     のこぎりで無いとだめとか言われているけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       ウリはビバホームで購入した

              3500円ほどの物で伐採した

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



         伐採するときには、他のサイトでは、できる限り

              下の方から切るようにって書かれている物も多いけど

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













          ウリは、できる限り、高い場所で切ることをお勧めする

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /                 i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \




なぜなら、竹を竹藪の外に持ち出すときに、

    竹の枝が他の竹に引っかかるし、とにかく重い!!

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        竹を分割して切れば

            良いじゃんって感じなんだけど・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



          何百本もある竹を分割するために切る

                のは、非常に付かれる、手首が痛くなる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













    ゆえに、少しでも楽しようと思う

         ならできる限り、体の負担にならない

               高いところで切ることをお勧めしている

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /                 i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \




竹は腐れば軽くなるから、腐って

    から、太い部分は運び出せば良いし・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     まぁ~タケノコを食べつつ、竹藪を

         できる限り楽に管理したいと思われるのであれば、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



        おいしいタケノコが出来るかは、わからないけど、

             太陽光をできる限り、差し込ませた方が良いニダよ!!

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













それと、竹と竹の間隔は、両腕を

    広ろげたくらいより少し広めがベスト・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      これ以上狭くすると、竹藪が狭苦しくなる

           し、蜘蛛が巣を張る率がアップするから

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                   まぁ~邪道な管理の仕方かもしれないけど・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J





あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です