邪道な家相の鑑定方法??

Pocket






家相を見るときには様々な

    判断方法が用いられている

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     一般的には、建物の中心を求めてから

              各方位を割り出す方法なんだけど・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                これは非常にめんどくさく、

                      瞬時に家相を判断するのは難しい・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













ので、邪道、一般的には言えない家相の

      簡単な判断方法をお伝えしようと思う、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     ちなみに邪道な家相の判断方法なん

          だけど、慣れてくると、中心を求めてから

                  各方位を割り出す家相の判断方法と、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                    遜色なく家相を判断できるようにもなる・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













って事で、邪道な家相の

    鑑定方法なんだけど・・・・その①は・・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      南

      北




       これは、家の間取りを正方形や

            長方形などで囲い込む家相の鑑定方法で、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                この建物の場合、薄い黄色の部分が

                      この建物の欠けという事になるので、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













北東方位の欠け、南西方位の欠けなどと判断すること

     となり、南北の運気が強い家と判断することになる

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        これは公では、まず公開されることの

                 ない家相の判断方法なんだけど、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



            四角い枠で囲えば良いだけなので、どんな

                形の建物でも瞬時に建物の張り欠けを定める

                      ことが出来る、非常に便利な家相判定方法・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













考え方としては、家相においては長方形や

      四角形の形が最も吉相とされているので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     その吉相である四角形で家の間取りを囲った時に、

           欠けとなる場所はどこなのかを見定めることで、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                その家の欠けや張りを見定めようとする手法・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













欠点としては、非常に大雑把な手法なので、

        中心がどこなのか、適当に決まるので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



          中心付近の鑑定に対しては非常に都合が悪い・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



              そして、次に、邪道な家相の

                      鑑定方法・・・・その②は・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J

















この家相の判断方法は、上記の家相の

    鑑定方法をより適当にした物なんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     家相っていうのは、人間の知覚能力に

              依存している部分がある事からも、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



              人間は物事を判断するときに、大中小、

                   上中下、左中右と3分割して認識することからも

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













間取りを大雑把に3分割して

    家相を判断してしまおうという手法・・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     この手法は、中心を求めず、又、一辺の

            長さを正確に3つに分ける物でもないので、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



         非常に適当で、大雑把で、さらに、家の向きな

             東南に向いていたとしても、住民が南向きだと

                     思っていれば、南向きとして鑑定するので・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













            超いい加減な家相の家相鑑定法となる・・・・・

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /                 i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \




ただし、この手法も当然のことながら、

          非常に適当ではありながらも、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     慣れてくると、非常に使い勝手が良く、

           以外と正確な家相の鑑定方法と遜色なく、

                 正しく家相を測定できるようになる・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J













             ただし・・・・・・・・・・・・・

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /                 i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \




この二つの家相の鑑定方法は、図面を見ただけの

     鑑定では、見るも無惨な鑑定結果になる事が多く

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      絶対に、その家に住んでいる人となりを

            ある程度、理解しておかなければいけない・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




まぁ~瞬時に誰かの家を即、鑑定

    しなければいけない場面に出くわしたら、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        出くわすこともないかと

             思うんだけど、やってみると良いかも・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                    簡単だし、慣れれば、この方法の方が便利・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













     なんだけど、・・・一言、言っておくと、これは、

          できあがった建物を即、鑑定するための方法で、

                    新築を建てる場合は絶対に止めるニダよ!!

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(  ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \/ {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ   ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i /               \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!  /                 i  
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>|                   |
             {.  ハ ヽ Y`     丶                  ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /        \





あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です