カラト墓の吉凶??

Pocket






カラト墓と言えば昨今の主流のお墓だよね・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    始まりは、1923年の関東大震災が

          起源とされているんだけど・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



             その頃から、墓地に困った寺で、

                カラト墓というか、遺骨を壺に入れて

                     お墓に納めるという手法が流行りだした

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













       まぁ~地面に遺骨を埋めずに骨壺の

              中に入れておくという手法は、

                  お寺にとっては、好都合だよね・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >  <;  三 >
              U 三)   (,|  三)    (,l 三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. .,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━    ━━      ━━



まぁ~お墓を建てる人にとっても、遠方に

     引越しする際には、近場に遺骨を持って

         移動することが出来るので非常に便利・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     お寺にとっても、墓を構える人にとっても

           良いことなので、ウィンウィンな関係・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                   ではあるんだけど、

                     これでいいのかって事になる・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













一般的に人は土から生まれ、

     土に帰るとされているのに、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   カラト墓で骨壺に遺骨を入れていることは、いつまで

         経っても土に帰ることが出来ないことを意味する

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                それは詰まり、輪廻転生が

                     出来ないと言うことにも通じるし・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













先祖の遺骨が土に混ざり合う、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     子孫にとっては、地に根が生えるような

           物なんだけど、それが行われなくなる・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                   そうすると、そんな墓を持つ人の

                       人生が、どうなるのかって言うと

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













     根が付かないので、常に間借り住宅に住む事になる、

            他の世帯と同居を余儀なくされることになる

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(   ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \ / {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.   {.|⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ  ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i   /            \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!    /    
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>  |              |
             {.  ハ ヽ Y`       丶            ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /       \




或いは、生涯アパート暮らしを余儀なくされたり・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     加えて、カラト墓というのは、結露の問題から、

              納骨室全体が水浸しになることもあり、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



           それ故に、骨にカビが生えたり腐ったり

                  して、それが子孫に影響を与えるので・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













                 病人が絶え間なく出たり・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >  <;  三 >
              U 三)   (,|  三)    (,l 三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. .,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━    ━━      ━━




結果、家族が次々に病気になっていったりするので、
 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



          墓に参る気力も無くなるので、最終的に・・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                     無縁墓に成り果てたり・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













      まぁ~お墓を建てるのであれば、

         いつまでも骨壺に遺骨を入れたままに

              せずに土に帰るようにした方が良いニダよ

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >  <;  三 >
              U 三)   (,|  三)    (,l 三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. .,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━    ━━      ━━



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です