家相が運気の増幅装置と言われるのは??

Pocket





家相の古書においては、家相が運気の増強

   装置だと言われるような記述はほぼ見かけない・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   けれども、昨今の家相書を読んでいると、

          家相は運気の増強装置という記述を

               ちらほらと見かけたりするんだけど

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                  この記述は、間違っていないどころか・・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













  背筋が凍るほどに、的を得ている・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




昨今の化学では、人間の体を構成している物は、

   机やパソコンを作る原子や分子とされているが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   最近では、その原子や分子という物という物

       ですら、動きのあるエネルギーとされていて、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



           この世の中には、一切の固体が存在せず、

               全てが動きのあるエネルギーだとされている

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













だから、嫌な気持ちでいると、身の

     回りには、同じエネルギーを持って

         いる人がどんどんと引き寄せられてきて

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         人と人であれば、喧嘩にも発展するし・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



            飲食店に入っても、イライラの運気を

                  持った腐りかけの物が提供されたり・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













この世の物全てが、固体に見える

    物ですら、流動性のあるエネルギーで・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       仏教で言われる、色即是空

            空即是色というのは正しいんだよね・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         また、キリストは、水をワインに替えた、

                とされているが、現実的には無理でも

                       理論的には可能となるんだよね・・・・・

                           ∧_,,∧      
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J














               全てはエネルギーの構成だから・・・・・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




で、話を戻して、家相の話

    なんだけど、上記でお伝えしたけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      家も、その家に住む人間も

          全てがエネルギーで構成されている

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



           だから、家の中で最も質量が大きな家という

               エネルギーに人が影響を受けるのは、当然のことで、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













これは、万有引力と同じで、物事は必ず、質量の

    大きな物に質量の小さな物は従わされることになる

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    なので、家が陰気な物を作れば、あなたは、どこに

         行っても、家の陰気な運気の影響を受けているので、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



               陰気な物を引き寄せるようになる

                      ので、楽しい思いが出来なくなる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



                          お祭りとか遊園地でも行けよ~~

                                =三 ∧,,_∧ !
                              =三 ( # ´Д`.)☆
                              =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                =三(つ_ _ 二つ)) ;:)∀´>
                                        ノ ⊃ ⊃
                                      ガッ ⊂  ノ
                                          ̄し´













一般的に遊園地に行けば楽しい気持ちに

     なれると思われるが、陰気な家に住む

        人間は、ほぼ楽しいなんて気持ちにはなれず・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      陰気な家に住む住民に取っては人が楽しん

            でいる場所って言うのは苦痛しか産まず・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



               ウリは、みんなとは違うって、孤立感が高まるんだよね・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













たった二分ほどのアトラクションで、

         1,000円とか、ぼりすぎだろ・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   入園料払ってこの金額かよ・・
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




まぁ~だから、上司や同僚が

   嫌で支店の移動を申し込んだりしても

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     移動先の支店にも以前と同じ様な

           上司がいたりするのはこのためで、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



          嫌な上司などをあなたが磁石となって

              引き寄せているんだから、転職しても

                      同じ事が起こってくるんだよね・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













だから、自身の日常生活の中で、

     嫌な事があるのであれば・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     それは必ず、一度きりではなく、同じ

        様なことが幾度となく繰り返されているはずで

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



              幾度も嫌な事が繰り返されるほどに、

                    嫌な事の正体、特徴も掴めるはずなので・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













       その特徴と合致する方位の矯正を

            図ってやると、嫌な事が緩和していく・・・

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(   ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \ / {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.   {.|⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ  ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i   /            \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!    /    
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>  |              |
             {.  ハ ヽ Y`       丶            ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /       \




毎度お伝えしているけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   ウリの友人、知人、会社の同僚は、若くして癌で亡く

       なったり、中学の同級生は、刑務所暮らしの方が長いそう・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         また、母の腹を蹴り飛ばしたり、●ンナーヤリまくりとか、

                    前科持ちとかろくな奴がいなかったんだけど・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













結局、9方位全て大凶相な家に住んでいた

       ウリが、引き寄せていたんだよね・・

     :|ヽ、   ,| ヽ: 
    :/  ヽ───┴ ヽ:     他人は自身を映す鏡・・・・
   :ノし(;;゚\)ll(/゚;;):    
   :/⌒ ( ((__人__)( (  \:
  :<   ) ) |┬┬|`  ) )u  >:     ノ\     ノ\ 
  :\  ( (  `゙⌒´ ( ( ,/:     ノ   ヽ── 丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u    ・・・・・・・・・・ 
   l /  ./:      卜 ,ヽ、:    | u  u            |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|       |        ι /          \




まぁ~人は、敷地の中で最も質量の

   ある家には逆らえず、家の影響を受ける・・

 ∧_,,∧
Σ<三   > 良くも悪くもね・・・
(三   l,)     
し――-J 



      だから、その家を家相書に

          書かれているような吉相の住宅にすれば、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                    人生が良くならないわけがない・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













ただ、問題は、家相書には、東南の吉相、

  凶相と一方位限定の書き方がされているので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       トータルで我が家がどのような

           家の運気を的ているのかって言うのを

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J













       知るのは、苛烈を極めるって事ニダ!!

            これが、周辺環境を加味すると、まず、無理・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です