家相は独学でも短期間で体得できるのか??

Pocket





家相は独学でも短期間で体得

   できるのか??って事なんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      はっきり言って、家相を独学で、

           短期間に体得することは不可能・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



           なぜなら、男性は思い込みが、

               激しい上、インテリぶりたい性質があるし・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













女子は、ビール片手にポテチ食っている

     瞬間が至福の一時って感じで勉強を嫌う・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   炎上するぞ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \



実際、ウリも家相を学びだした時には、

 幾つもの壁にぶち当たり、1/3以下の出っ張りは

      張りと見なすと家相書に書かれているんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       では、その両サイドは

          どうなのか?って事に頭が回らない・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



              ここら辺の事に意識が行くのに、

                       3ヶ月ほど要しているし・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













昨今の家相書って言うのは、著者が違うだけで

 ほとんど書いていることが同じなので、30冊位も読めば、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



          家相の事について飽きてしまう・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                     もしくは、多くの男性は・・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













ウリに罹れば、家相なんて簡単な学問・・・

      家相の事なら何でも聞いてくれニダ・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   完全にマスターした・・
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u  国籍はどこなの?? ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \



                             家相の事を質問しろニダァ~

                                   =三 ∧,,_∧ !
                                  =三 < #`Д´>☆
                                  =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                    =三(つ_ _ 二つ)) ´Д`)
                                            ノ ⊃ ⊃
                                          ガッ ⊂  ノ
                                              ̄し´













って感じで、一般の書店に並んでいる

    古書を買い漁っての家相の勉強なら・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     頭の切れる人であれば、3ヶ月もあれば

       十分にマスターできると思う、なぜかというと、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



           家相と言うのは、賢い人には、つまらない、

              馬鹿には理解できない学問とされているので・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













               偏差値38の知能のウリにはちょうど良い学問・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




確かに、家相と言うのは、本当に、

    単調な学問のように見えるんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        それは、書籍を読み漁っている

            レベルの人の話で、家相と言うのは、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                論理に反することが、山のように存在する・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













これが家相の醍醐味、

    妙味であり、一番面白いところ・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




だから、家相書に、東南に金魚を持ち込めば

     金運アップと多くの家相書に書かれている

         ことを鵜呑みにしたりしている人を見ると、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     家相の事を学ばれているんだぁ~と尊敬

        しつつ、その程度のレベルの人かと思ったり・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



              家相と言うのは、本当に、実戦

                   しないとわからないことばかりで、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













        家相書に書かれている論理は、ほとんど、

             間違っていると言っても過言ではないほど・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━



東南方位の金魚に際しても、一般の書籍に

   おいて、吉とされており、これは、家相の

           古書においても、吉とされている・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    が、しかし、注釈として、よくよく観察してみると・・

             ・一度、お試しあれ・・・と書かれていたり・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



        って感じで、家相の古書には、よくよく観察してみる

               と・・・って言う注釈が加えられている物も多く・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













また、余程、家相の書籍を読み込んだん

   だろうな~と思える人の家が近所にあって、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    その家の外観が真白で、東南方位、北西方位が

        見事に1/3以下で張りだたせていたりする・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



              これは、昨今の家相書に習えば、大吉相の家相となる・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













んだけど、所詮、素人の浅知恵・・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:これは見事に大凶相・・・・
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




まぁ~昨今の家相書になぞらえて言うならば、

        1/3以下の張りは吉とされているが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 

     以下というのは、その数字を含んでの

           マックス値という事を意味する

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



       詰まり、1000以下というのは、0から1000までの数字を

             意味し、10001というのは、1000以下とはならない・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













だから、1/3以下の張りを設けた家では、

   玄関先に傘立てでも置こう物なら、1/3の

         張りの運気を越えてしまうことになるので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



            大凶相の家と言うことになる・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



   まぁ~北西、東南に張りを設けるという手法、初めて

       家相の事を学びだした人がなかなか辿り着けるレベルの

             話ではないので、すごい勉強家の人だと思うんだけど

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













家相においてはね、張りは、可能な限り、

     小さく設けて吉とされているんだよね・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   1/3以下は、マックス値なので非常に危うい・・
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




ってことで、家相と言うのは、書籍レベル、自慢

  するレベルであれば、独学でも十分体得は出来るが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     それを血肉として、リアルに体得しようと

          するのであれば、短期間では絶対に無理・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                これは、家相に限ったことではないんだけどね・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です