家相に従っていたらリフォームなんて出来ないよ??

Pocket






家相の世界には、本当に信じ

 られないような矛盾することがあって・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      で、あるからして家相なんて物は

         信じられない、とか、信じていたら家が

             建たないとか様々な批判を受けるんだけど、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                って事で、その一部をお伝えしようと思うんだけど、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













         まず、家相でよく言われるのは、

           リフォームの際に新しい木材を使うなって事・・・

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(   ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \ / {y~ω’~Y ,/   ノ\      ノ\
              .>.   {.|⌒ヽ⌒||〈   ノ       __ノ  ヽ
            ./  .. | .|:::::|:::::|| i   /            \
            {   ⌒ヽ_/ );:;!;:;r!    /    
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>  |              |
             {.  ハ ヽ Y`       丶            ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ         /       \




家をリフォームする際には、

    どうしても、新しい木材を使うことになる・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     でも、家相においては、家が20年前に建てられて

          いる場合には、20年前の木材を持ってこないと、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



               いかにリフォームしても

                  その家は凶相になるとされている・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













どうして凶相になるのかって言うと、古い家に

 新しい木材を接ぐと言うことは、嫁姑問題のように、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



  以前からいる女性の住まいを新しく嫁い

      できた女性が荒らすことと同義となる・・

          ので、無用のトラブルを避けたければ

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



        リフォームの際には、その家が建築された

              当時の木材を利用しなくてはいけないとなる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













理屈はどうであれ、出来るわけ無いだろ~~~

  |┃    ガラッ             
  |┃ 三      |ヽ     |ヽ ゚   ナンバーワンの家相の現実無視理論・・
  |┃       / ヽ _, ,_l ヽ 。 ゚ 
  |┃       /!||!(゜\’iii’/゜ノヽ   
  |┃ 三  /ノ(    ”u,”ニ..,ニヽ”v\ 
  |┃     \⌒   \/ {y~ω’~Y ,/    ノ\    ノ\
  |┃        >   {ο|⌒ヽ⌒||〈     ノ    ヽ──ー  ヽ 
  |┃ 三   /     | ゚|::c|::ο||¨i    / u  ・・・・ 
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄”  y    l;|;:゚;!;:r!。   / u u        i
⊂二、 ,ノ──-‐’´ |    ヽニニニニソ    |     u       |
  |┠ ‘     |            丶          ノ
  |┃         |    (x)   |       /        \




次ぎに、家相の現実無視理論は・・・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



          家族の吉方を用いてリフォームすべし・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



             これはね、現実的に、これに

                  即してリフォームしようとすると、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













三人家族で、そのうち一人が、五黄の土星の

   生まれの人がいれば、ギリギリリフォームできるが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     五黄の土星の生まれの人を含まずに3人以上の

         家族になると、ほぼリフォームが出来ない・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



        どうしてかって言えば、人には絶対に

              触ってはいけないとされる方位が、

                     本命殺、的札の2方向がある・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













って事は、家族が増えるほどに、家族に

   とっての本命殺、的札の方位が増えていくのだから、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      3人家族であれば、6つの方位を

              触ることが出来なくなる・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



              加えて、五黄殺、暗険殺の方位も

                    触ることが出来なくなるので、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













   八方位全てをコンプリート・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  嫁と旦那が同級生なら問題ないじゃん・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




                まぁ~家族の九星が重なれば、重なる

                      ほど、リフォームは楽になるけど・・・

                                   =三 ∧,,_∧ !
                                  =三 < #`Д´>☆
                                  =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                    =三(つ_ _ 二つ)) ´Д`)
                                            ノ ⊃ ⊃
                                          ガッ ⊂  ノ
                                              ̄し´













なので、家相では、凶相である場合には

    直ちに改築するように進めているが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    直ちに改築しようにも、吉日が来ないと

       リフォームできないので、現実的には、自宅に

              住みながらのリフォームは無理だったりする

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



               まぁ~自宅に住みつつのリフォームは・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













   小賢しいと揶揄されている・・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:基本は引越しすべしとされている・・
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     / 君のやっているリフォーム術だよね・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




最後に、今後、家相の改善において問題に

  なってくるであろうと思われる吹き抜けの改善・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    吹き抜けって言うのは玄関周りにあると

         開放感があったりするので好まれるが、

            玄関が北東方位にあったりするときには、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



           それが運気の低迷だと悩み出したときには、

                   是非とも改善したいと思う様になるが、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













家相の世界では、吹き抜けの改善には、床を張って、

        部屋とする手法がベストだとされている・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       まぁ~現実的にはその方法しか無かったりする・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



               が、この対処方法いにおいても、

                  家相の理論では、大凶相とされている・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













昨今の家相書では、吹き抜けの改善方法に

   おいては床を張るのが、基本とされているが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     これは、二階部分の重さを足すことで、一階の

            木材や基礎に負担をかけることを意味する

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                     これは詰まり・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













家相の世界で大凶相と言われる、お神楽造り・・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




当然、その部屋を使うと、ノイローゼや精神不安に陥る・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     床はキッチリと作られていても、本当に

         大丈夫なのかって言う心配が付きまとうので、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                不安を取り除こうと

                    ギャンブルにはまり込んだり・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













って感じで、家相の凶相を改善しようとすると、

      大凶相に、はまり込むなんて事も非常に

         よくある事だから、注意が必要って事もある

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     家相に従えば幸福になれるとされる

          が、キッチリと従いまくると何も

            出来なくなるのが家相の世界なので、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                家相にどの程度まで従う

                    のか、線引きが重要だよね

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です