陰木と陽木について??

Pocket






最近、樹木について、

   考える事が多いんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        まぁ~一般的なことを

          おさらいがてらにお伝えしておくと・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



      紫陽花・梅・槐・万年青・柿・楓)・菊・桜・杉

         ・月桂樹・楡・柊・牡丹・槙・松・木犀・桃等々。

                   これらは、吉木に分類されることが多く

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













   ブドウ、ザクロ、ビワ、芭蕉、モミ、ソテツ、ツタ、フジ

       ・無花果・楠・百日紅・柘榴・棕梠・蘇鉄・芭蕉 等々。

                    これらは、陰気に分類されることが多い

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
              <;  三 > <;  三 >  <;  三 >アイゴー・・・ 
              U 三)   (,|  三)    (,l 三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. .,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━    ━━      ━━





どうして、このような分類となるのかって言うと、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       陰木と陽木、吉木と凶木が入り交じっていているので、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



             どう考えても陰木にしか思えない

                 のに、吉木に分類されたりしている

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













                 万年青とか、紫陽花とか・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
              <;  三 > <;  三 >  <;  三 >アイゴー・・・ 
              U 三)   (,|  三)    (,l 三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. .,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━    ━━      ━━




まぁ~陰木と陽木、吉木と凶木が入り交じって

  いているので、自宅には何を持ち込んで良いのか

        よくわからないというのが正直なところだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      ただ、大雑把な適当に分類されている現代においては・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         一応・・・・・・・・・

           吉木、陽木に分類されている物は

              良い樹木であり、凶木、陰木に分類されている

                      物は悪い樹木とされる傾向があるので

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













      吉木、陽木に分類されている物を

          持ち込み、凶木、陰木となる物を持ち

               込まないようにすればいいんじゃぁい・・・

      \ ウェーハッハッハー!! / \ ウェーハッハッハー!! / \ ウェーハッハッハー!! / 
.            ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
           < * "∀">   < * "∀">   < * "∀"> 
            ( ,   つ)) ( ,   つ)) ( ,   つ))
        ..,,,. …,,..し―-J..   ,,,,し―-J..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
             ━━     ━━     ━━




まぁ~庭木一つとっても様々ある

   んだけど、個人的には、上記のような

        認識で十分だと思っていたんだけど・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     樹木って言う物を真剣に考えていくと、

             樹木という物を大きく分けると・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                   針葉樹と広葉樹に分けることが出来る

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













針葉樹というのは、松やゴールドクレストなどであり、

   広葉樹と言えば、ハナミズキや梅と言った庭木となる・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      これらの庭木、一般的な樹木の選別で

        言えば、全て陽木であり、吉木と分類されるが、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         人間の健康に寄与するから陽木などと言った

               考えを除いて樹木単体でよ~く考えていくと

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













     松やゴールドクレストは陽木だけど、ハナミズキや梅は陰木に

          分類されるのではなかろうかと考える事が出来る

                |ヽ、 | ヽ、 
               /  ヽ─┴ ヽ 
              /!||!(゜\’ii’/゜ノヽ   
            /ノ(   ”u,”ニ..,ニヽ”v\     
            \⌒ \ / {y~ω’~Y ,/   ノ\     ノ\
              .>.   {.|⌒ヽ⌒||〈   ノ     __ノ  ヽ
            ./  .. | .|::::::|::::::|| i   /           \
            {   ⌒ヽ_/ )!;:::;r!    /    
             ヽ,   /、 〈 ニニニ>  :|            |
             {.  ハ  ヽ Y`      丶         ノ
              ヽ{ ヽ_ゾノ      /       \




なぜかと言えば、松やゴールドクレストは、太陽の光を好む植物、

     つまり、太陽光がさんさんと降り注ぐ場所に生えるので、

         葉を広げる必要が無い、故に針のような葉をしている

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



 逆に、ハナミズキや梅は、一般的には、太陽光が差し込む

     場所を好むと言われたりもするが、葉を広く広げている

          ことからも、元々余り太陽光が差し込まない場所に

                  生息していたであろうと考える事が出来る

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



          太陽光が差し込む場所に生息していた

                  なら、葉を広げる必要が無いからね・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













ちなみに、人間は、太陽の子などと言われたりもするが、

        家相の世界では、人の存在は、土であり、陰・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    そう考えていくと、『手のひらを太陽に』なんて歌も

        あるが、人間は陰であるが故に、手のひらを太陽に掲げ、

            少しでも明るさを取り込もうとしていたりするんだよね

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         って感じで、考えていくと、基本的に、落葉樹

              というのは、広葉樹である事も多い事からも、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













            広葉樹、落葉樹というのは、陰木に分類できる・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
              <;  三 > <;  三 >  <;  三 >アイゴー・・・ 
              U 三)   (,|  三)    (,l 三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. .,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━    ━━      ━━





一方の針葉樹に関しては、基本的に、

   大部分が、陽木に分類することが出来る

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     問題は、槙や月桂樹や柊、南天、金木犀と

           言った植物という事になるんだけど

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         これらの植物は、冬になると必ず、葉を落とす

            わけでもなく、新芽が現れるときに古い葉を落とす

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













                 落とさない場合もある・・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧    ∧_,,∧
              <;  三 > <;  三 >  <;  三 >アイゴー・・・ 
              U 三)   (,|  三)    (,l 三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. .,,.,し―-J..,. ..,,
              ━━    ━━      ━━




とはいえ、太陽光を少しでも体に取り

  込もうと、葉先が広がっていることからも、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         樹木の本質としては陰木に分類される・・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                 けれども、純粋な陰木だとも言いがたいので、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













準陰気な樹木を自宅に持ち込む際には、

   成長力が陽木に負けず劣らず凄いので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   きちんと選定をしてあげないと、本質的には

             陰気な性質を持っていることからも、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



            ビックリするほどのスピードで

                      家を暗くしてしまう・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













まぁ~本質的、大雑把な陽木と陰木を分類すると、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     陽木は太陽光がバンバン差し込む陽気な場所を

          好むので葉を広げる必要が無いので葉が細く・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



          陰木は、太陽光が差し込みにくい、

             差し込まない場所を好むので、少しでも

                     太陽光を取り込もうと葉が広い・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













こういった考え方もあるってことの一例・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:    
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\    ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ   ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i              \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     だから君もエラがはっているの??  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u        |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶      陰気な存在だもんね・・・・
     _|      : |        ι   /       \





                               大きなお世話ニダァ~

                                   =三 ∧,,_∧ !
                                  =三 < #`Д´>☆
                                  =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                    =三(つ_ _ 二つ)) ´Д`)
                                            ノ ⊃ ⊃
                                          ガッ ⊂  ノ
                                              ̄し´



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。