相生は陽気・・・相克は陰気を指す??

Pocket






相生は陽気・・・相克は陰気を

 指す??ってことでお伝えするんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      まぁ~当たり前と言えば当たり前・・では

        あるんだけど、正直言って余り意識していなかった・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



            んだけど、まぁ~考えなければいけない場面が

                   無かったので考えたことも無かったんだけど・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













      相生は陽気・・・・・

              相克は陰気ニダ!!
     |ヽ、  .| ヽ、
    /  ヽ _, ,_l   ヽ 
    ノし( ゚;; ))((;; ゚,ノ
    / ⌒ ⌒゙( O _O)⌒\
  <  ノ( il´|r┬-|`li u >        ノ\     ノ\  
    \    !l ヾェェイ/` ,/        ノ   ヽ ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:          /!l|i わかったから先に進めよ・・・
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:      /  u          i 
   l /  ./:      卜 `ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         |  :\__丿:    丶  u         ノ
     _|       |        ι   /          \




まぁ~本当に大事と言えばすごく大事な事で、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       例えば、東南方位というのは、木生火の運気がある・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



        これは、木が燃える、情報が擦れ合わされる事で一つの

                結論、発明に繋がっていくと言う事を意味する・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













で、この相生の木生火と対応するのが、

     相克の火剋金と言う事になるんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      当然、火剋金というのも、木生火と

           同じ様な運気を持っているんだけど、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



           火剋金というのは、常識を疑いまくる

                ことで、一つの心理、発明に繋がって

                        いくという運気があったりする・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













         まぁ~って事からも基本的には、相生、相克

                というのは陰陽関係なく、同じ意味を持つ・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




んだけど、相生というのは陽気な運気である事から、

      世のため人のために何かをしようと考える運気・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    相克というのは、陰気な運気である事からも、自らを

           縛り上げる常識を疑い自由になろうとする運気・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



             まぁ~いずれにせよ、物事の本質を

                 見極め様とする運気って言う点では同じで、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













違いがあるとすれば、陰と陽、

   木生火は目に見える運気であり、火剋金は、

            目に見えない運気という事になる・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




ただ、陰と陽の違いだけようにも

    思えるが、現実的には、全然違う・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     先に、現実的な共通点を先に言っておくと、木生火、

         火剋金の運気のある家に住むと、いずれの場合にも

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



               住む程に、一時はお金を得るが、

                       散財しまくって貧困になる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













                貧乏になりがちって事では同じ・・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




では、現実的な違いはどこにあるのかって言うと、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     木生火というのは、相生と言われることからも、

          共に生きる人間らしい姿がそこには見て取れる

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         逆に、火剋金というのは、相克とされることからも、

                共につぶし合う、修羅の世界が垣間、見えてくる・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













詰まり、木生火という運気を家に

    取り入れると、周囲の人と助け合い

         人間らしい生活が出来る様になるが、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      火剋金という運気を取り入れると、

         ご近所さんとつぶし合う日々の生活を味わ

              わなければいけない修羅のような生活となる

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J













   ご近所さんや国のルールに

      刃向かっても、自分らしく生きるために

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   だから国籍を3つも持っているんだぁ・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \





                             ウリは、5つ持っているニダァ~

                                   =三 ∧,,_∧ !
                                  =三 < #`Д´>☆
                                  =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                    =三(つ_ _ 二つ)) ´Д`)
                                            ノ ⊃ ⊃
                                          ガッ ⊂  ノ
                                              ̄し´



・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ちなみに、木生火というのは、一般的には、

        東南方位にキッチンがある家相で、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     火剋金というのは、一般的に北西方位に

         キッチンと捉えると理解しやすいかと思う

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                       知らんけど・・・・・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



                      なんでも、知らんけど・・

                           で、誤魔化すんじゃぁねぇ~

                                =三 ∧,,_∧ !
                              =三 ( # ´Д`.)☆
                              =三_⊂ヽ ⊂ ヽ、 \ ∧_∧
                                =三(つ_ _ 二つ)) ;:)∀´>
                                        ノ ⊃ ⊃
                                      ガッ ⊂  ノ
                                          ̄し´



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です