始終、病人の絶えない家相??

Pocket






始終病人の絶えない家相??って事で、

   これに関しては、結構お伝えしていると思うんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      大雑把に今回はお伝えするとして、

         始終病人の絶えない家相??って言うのは、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J




                       六畳間の多い家相・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













六畳間って言うのは、

   今更だけど、一白水星の運気をもっている、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         一白水星には病や悩み、貧困などといった運気がある事からも、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



               家の中に六畳間が多く設けられている

                    家ほど、その家は病気が始終絶えない家となる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













  因みに、六畳間は、一白水星の星をもつ

      人ほど設けがちで、ウリの父がまさに一白水星・・・

     :|ヽ、   | ヽ:
    :/  ヽ───┴ ヽ:    そこら中に六畳間が・・・・ 
   :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧ \:    
  :/⌒ u  (__人__) \:
 :<        |┬┬|`u u  >:      ノ\       ノ\ 
  :\   u    `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ ── 丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                 \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u    
   l /  ./:      卜 `ヽ、:   | u  u               |
    ヾ_,/         | :\__丿:   丶  u             ノ
     _|         |        ι   /           \





ということを前提に、

   始終病人の絶えない家相??は、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      北東方位に井戸や流し、池、六畳間が

         ある場合には、病気が絶えない家相となる・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



         北東方位というのは、基本的に酸素の

               薄い方位なので、そこに、さらに

                     酸素を薄くする、水回りを設けると、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













人間の体は、酸素の供給が出来なくなるので

   低体温症になったりする・・・結果、癌に発病したり、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     又、水は、必ず、ウィルスを蔓延させるので、北東

          方位に井戸がある家では、終始病人の絶えない家となる

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



        次に、始終病人の絶えない家相は、

             南方位に三畳間が設けられていると、

                   熱病、逆上、眼病を患うとされている

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













これは、南って言うのは、炎の運気があるので、

        そんな方位に、さらに炎の運気である

            九紫火星の運気をもつ三畳間を設けると、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      火の勢いが増しすぎるので、熱病、

              逆上、眼病を患うとされている

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



          まぁ~現実的には、三畳間というのは

                ほぼ見かけないんだけど、11畳

                     なんかも三畳間と同じ傾向が出てくる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













又、余り家相書でも見かけないんだけど、

    南側に三角敷地が設けられていたりする場合にも、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      三角というのは、九紫火星の運気がある

            ので、熱病、逆上、眼病を患うと思われる

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



              南は、人が健全に生活していく上で大切な

                  方位であるだけに、扱い方が本当に難しい方位・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













そして、始終病人の絶えない家相??は、北に、

    三畳、7畳、八畳間が設けられている場合には、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



          脳や頭痛に悩まされることになる

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



         どうして、北に、三畳間、七畳間、八畳間が設け

              られていると、常に病人が絶えなくなるのかって言うと、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













三畳間って言うのは、上記でお伝えした

    けど、九紫火星の運気をもっているので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   北は一白水星の、水の運気があるので、そんな

        方位に炎の運気である三畳間を持ち込めば水と

             炎で運気が反発し合うので、頭痛が起こったり・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                これは、北に炎を扱うキッチンを持ち

                     込んだ場合にも同じ症状が出たりする・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













そして、七畳間、八畳間について

    なんだけど、この七畳間、八畳間という

         のは、土星の運気をもっているんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      土と水は、相克の関係にあって、土剋水といって、

              土は、水を濁らせたり、穢したりすることから、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



           北側に、土の運気のある七畳間、八畳間が設けられ

                  ていると、頭痛や脳の病に悩まされることになる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





最後に始終病人の絶えない家相??は、

    東方位に、七畳間、八畳間の間取りニダ!

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     どうして、東方位に七畳間、八畳間が設けられて

          いると、終始病人が絶えなくなるのかって言うと、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



         七畳間、八畳間って言うのは、上記でお伝えしたとおり、

               土の運気があり、土というのは、人間の体を表すんだけど・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













東って言うのは、三碧木星といって木の

      運気が旺盛な方位なので、そんな方位に

           土の運気のある7畳や八畳の間を設けると、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     木剋土の運気が発動し、思いばかりが先立って、

            体がついてこないので、常に病気がちになる

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
              (三  l,)
              し――-J



                  まぁ~長くなったので、この辺で・・・・・・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です