十干の活用法?

Pocket






十干の活用法?って事で十干というのは、天の気

      なので、家相を扱う上ではほとんど出てこない・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     家相において扱うのは、ほぼ、人間の体を

          扱うとされる地の気、干支がほとんど・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         であるからして、家相の書籍を読んでいても、

                 トイレやキッチン、お風呂というのは、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













      可能な限り、人間の体に影響を

             与える干支の方位ではなく、

                 十干に設けるように、としている

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━



まぁ~一般的な家相の書籍において

     語られる十干というのはこれが

         ほぼ全てと言っても過言ではない・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         まぁ~家相の書籍において、

            十干なんてモノまで解説していたら、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



          家相の書籍として成立しないので、家相書において、

                十干の事が書かれていないのは当然なんだけど・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













まぁ~家相においては

    重要視されない、十干なんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



      干支が人間の体を構成するように、

         十干って言うのは人の心を構成するので、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



              子供の干支の方位にトイレなどが

                   なければ、体の丈夫な子供が育つが、

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













       子供の十干の方位にトイレなどが

            設けられていると、精神が病みがち

                  で、大人物に成れなかったりする・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




って事で心を構成するのが

  十干の役割とされているんだけど、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



         他にも、十干って言うのは様々な活用方法があって、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



         例えば、目を患っている場合には、

             目の病なので、家相的には、自宅の南側に

                  何かしらの原因があると判断するんだけど・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













この時に、南と言っても、広範囲

    なので、一体何が原因なのかって言う

         のを特定するのが難しかったりする・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




こういったときに、十干を用いるとされて

   おり、例えば、右目の症状が重度の場合には、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        南の丁の方位に何かしらの問題があると判断する

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



          逆に、左目が重度の場合には、丙の方位に

                何かしらの問題があると判断したりする

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













もし、肺の病に罹っているので

     あれば、肺は西の運気なので、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    西の凶相を取り除けば良いと言う事に

        なるが、西と言っても広いので一体、何が

             肺の病を引き起こしているのかわからない・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



          そういった際にはもし、右の肺を

              患っているのであれば、辛の方位の

                    凶相を取り除けば良いと言う事になる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













      って事で、十干って言うのは家相の世界では

             ほぼ論じられないが、活用方法は幅広い・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です