気学や家相の方位の理屈は想像以上にめちゃくちゃ??

Pocket





気学や家相の方位の理屈は想像以上にめちゃくちゃ??

              ってことでお伝えするんだけど・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



        あなたは、2020年の歳破の方位をご存じだろうか??

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J













             干支が子なんだから、歳破は南に決まっているだろ~

                        \\
                       /\   _,.イ   
                           / \    ─┼─    本当にそうニカ??
       __  ___               \   ノ   
   ,, ==、ー――――三ニ─      ____          \  │ ./  /
  , ‘´     ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    /     \         \ ∧,,∧
  i     \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三ニ─ / .::::::     \       ──-‐‐‐< `Д´#>-‐── 
  `、     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i /.::::::::::.       \      / ⊂、、cノ
  `、      l;;;;;;;;;、 ;;;;;;;;;;;,! |:::::::::::::::.       |     /∴/∵ |∴\
    ` 、__ ,_ィ’;;;;;;;;;;;;\\;_ィ’  \::::::::::::::::::.   /       / ∵∵/∴|∴. \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ニ─ ゝ       ノ      ./∵:/:・∴・|∴\
       ー‐‐ ‐‐  \\ /        :::i
             ヘ/  ./      :::|
              \/|         ::|




最近、方位に関する古書を読み漁って

   いると、現在の方位との考え方のあまりの

          違いに、戸惑ってばかりなんだけど・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       例えば、大将軍と言えば、

          三年塞がりで有名だけど、古書においては、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



       大将軍というのは、大歳の宰相であるのに、

          三年も同じ場所に居座り続けるという考え方は

                  間違っているという記述があったりする・・・・

                           ∧_,,∧  確かに・・・・・    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













って事で、何が何だか、わからない状態に・・・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




って事で、歳破を例に取ると、一般的には、今年の干支は

    子となっているので、歳破の方位は、南方位となっている・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



  繰り替えしになるけど、今年の干支は、

       子なので、この子の方位に太歳神が

           おられるのでその反対方位が、歳破になる

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>  つまり、南が歳破・・・・
               (三  l,)
              し――-J



                 まぁ~これは常識的とされるほどの常識・・・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













でも、太歳神がおられる方位って言う

   のは、北ではなく、子の方位なんだよね・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     ってことは、歳破の方位は太歳神の

         おられる対極の方位という事になるので、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                    南方位では無く、午の方位と

                        ならなければいけないのではないか?

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













            けれども、一般的には、干支が子の方位なら

                    歳破の方位は、南方位とされている・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




それどころか、今年の干支は、毎年のことだけど

  地の気を帯びている子なので、天の気を帯びていない・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



    それなのに、今年の干支は子なので、北方位に

             出かけると良いことがあるとされたり・・・

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



       今年の干支は、子なんだから、子の方位に

          出かけると良いことがあるんであって、北の十干の

                   壬、癸方位に出かけても良いことは無いはず・・・

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













                  なんだけど・・・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




実際、祐気とりに南に出かけた際に、丙、午、丁方位の中で

    移動している際には、南の運気を享受している実感がある・・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



   って現実的な側面から考えていくと、

       家の間取りの配置においては、干支と

           十干を明確に分けないといけないんだけど、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



          引っ越しやリフォームなどに際しては、

                 十干、干支の区別というのは、する

                     必要がないのではないかって思われる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













      って言うか、辛、庚と酉の方位を一つの宮として考える

            というか、捉えなければいけないのではないかと思う・・

.              ∧_,,∧    ∧_,,∧      ∧_,,∧
      アイゴー・・・ <;  三 > <;  三 >    <;  三 >
              U  三)  (|   三)    (,l  三)
          ..,,,. …,,..し―-J ..,,,,,,し―-J  ..,,,. ..,,.,,.,し―-J..,. ..,,
               ━━    ━━      ━━




そう考えていくと、大将軍の方位

     って言うのは、干支の方位にあって、

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



     天徳、月徳という十干方位にあり、

           絶対に重なることの無い方位なのに、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



        古書において大将軍の凶意は天徳などの

                吉神と重なれば、猛威を振るうこと

                     能わずと書かれているのも理解できる

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J













  要するに、神様関係の相殺は、十干

      十二支方位で行なうのでは無く、重なり合う

         東西南北といった方位の宮で行なうという事・・

    :|ヽ、  ::| ヽ:
   :/  ヽ───┴ ヽ:   
  :ノ  ≦゚≧ ll ≦゚≧:    
  :/⌒ u (__人__) \:
 :<      |┬┬|`u u>:      ノ\     ノ\ 
  :\  u `゙⌒´  ,/:      ノ    ヽ──丿  ヽ  
.    /⌒:/^ヽ、   ,ィ^ヽ:         /!l|i                \ 
   /  :,ゞ ,ノ: ゙⌒”ヾ、 ソ:     /  u   ・・・・  
   l /  ./:      卜 ヽ、:    | u  u          |
    ヾ_,/         | :\__丿:     丶  u         ノ
     _|      : |        ι   /         \




って事で、正直言って、机上に置いては

        理論的にはめちゃくちゃだと思う・・

 ∧_,,∧
Σ<三   >
(三   l,)     
し――-J 



       が、祐気取りで体感したことを重ねて考えていくと、

               ∧_,,∧
             Σ<; `Д´>
               (三  l,)
              し――-J



                    まぁ~凄く現実的な手法だと思う

                           ∧_,,∧  ムッ!    
                          <; `Д´>    
                          ( つ つ       
                           し―ー-J



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です